侍戦隊シンケンジャー 第四十五幕「影武者」

おおおおおおおおおおおおおおおおっ!!
殿は影武者だったのかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~(衝撃)
先代の経緯が皆に伝えられて・・・ビックリ!
動揺するサムライ達・・・忠義心が強い流ノ介でさえ、その事実を受け入れられない様子で・・・
回想シーンに出てきた紙飛行機を飛ばす十七代目は誠の十七代目じゃなかったんだね(驚)
殿が・・・サムライじゃなかったなんて(悲)
「俺はお前達を騙してた・・・ずっと騙し続けるつもりだった・・・
預けなくてもいい命を預けさせて、お前達が危険な目にあっても、それでも黙っていた・・・。
そんな人間がこれ以上一緒に戦えるわけがない!
サムライならこの世を守るために・・・・・・姫と・・・」
そして殿の土下座・・・・・・・・・言葉がでませんでした(涙)
正直、私もまだ受け入れられません!
「殿様じゃなくても関係ない!前と同じ!」という源太の優しさに・・・
「俺は殿様じゃない自分は初めて見た・・・ビックリするほど何もないな・・・」って殿のセリフ・・・
泣いてまうやろぉ~(号泣)
「終わったんだ・・・これで」
心が空っぽになったような・・・(寂)

ラストシーンの十臓と殿!
「なにもないよりかは、マシか・・・」
この言葉は、何を意味するのか・・・

最終幕に近づき、どーなるんだ!?どーなるんだよ~っ(涙涙)
[PR]

by fmpon | 2010-01-10 09:54 | 侍戦隊シンケンジャーな日々 | Comments(1)  

Commented by maho2210 at 2010-01-10 17:44
http://uragakkou.exblog.jp/
僕のブログなんで見てください。コメントくださいなんでもいいので

<< 温故知新!スーパーファミコン!! 仮面ライダーW 第17話「さら... >>